[3月][4月]春の沖縄旅行を楽しむ持ち物と服装選び

[3月][4月]春の沖縄旅行を楽しむ持ち物と服装選び

はいどーも、おきなわ部のうらすぎさんだってばよ。

これまで沖縄の各季節の服装や気温についてレクチャーしてきましたが、今回の記事では3月~4月の沖縄旅行についてお伝えします。
これで年間通して沖縄旅行の持ち物、服装についてお伝えしてきたことになりますね。

この時期から紫外線が強くなり始め、きちんとした日焼け対策が必須になってきます。
また、沖縄は日本一早い海開きが行われますので、待望のマリンレジャーの季節でもあります。

沖縄旅行を年間通して楽しむ為にも、過去記事含めて是非参考にしていただければ幸いです!

▼季節ごとに下記の記事もチェックしましょう!

沖縄あるある・雑学
実は旅行におすすめの時期?【5月、6月】の沖縄を快適にする服装と持ち物紹介!

沖縄あるある・雑学
[7月][8月]夏の沖縄旅行に持っていくべき持ち物と、服装選びの注意点

沖縄あるある・雑学
[9月][10月]の沖縄旅行を快適にする持ち物と服装選び

沖縄あるある・雑学
[11月][12月]の沖縄旅行を失敗させない持ち物と服装選び

沖縄あるある・雑学
[1月][2月]沖縄旅行に必要な持ち物と服装選びの注意点

いよいよ観光シーズンに突入する3月と4月!

非常に過ごしやすい時期になる3月~4月の沖縄ですが、沖縄の各地で海開きを迎えるのと、卒業旅行や修学旅行のシーズンと重なってきますので混雑が予想されます。
これからの時期に沖縄旅行に行くのであれば早めに計画して予約を入れておくと安心でしょう。

春休みが終る4月には少しだけ旅費が安くなるのですが、すぐにゴールデンウィークの季節が近付き、ハイシーズンの費用感になってきます。
少しでも旅費を抑えたい場合は、春休み明けからゴールデンウィーク前の期間を狙ってみるのも1つの手です。

3月~4月における、沖縄の気候と天気について

年末からの短い冬が終わり、3月と4月の沖縄は暖かい日が増えてきます。
落ち着いた気候の中で観光したい人にはオススメの時期ですが、朝晩は冷えたり、天候によっては肌寒さを感じたりするときがある為、薄手の長袖(カーディガンやパーカーなど)があると安心です。

とはいえ、日中の晴れた日の気温は25度を超えることもありますので、観光地を巡るだけなら半袖や素足で十分な日もあります。
紫外線が強くなりますので、厚手の服装は避け、暑さ対策・日焼け対策の準備が必要になるので注意しましょう。

3月の沖縄は、日本一早い海開きの季節!

沖縄はシーズンによってホテルや航空券の予約状況、料金等が変わってきますが、3月の沖縄は前半と後半とで混雑具合が異なります。

3月前半はまだ観光客が少ない時期ですが、3月後半から4月にかけて学生たちの春休みや卒業旅行シーズンが重なることで混雑しやすくなり、ホテルの予約が取りにくくなってきます。

また、3月になれば沖縄では「つつじ」が咲き誇る「つつじ祭り」も開催されます。
「つつじ祭り」は、沖縄県国頭郡東村の「東村村民の森つつじ園」にて、3月上旬から中旬にかけて開催されるのですが、約5万本のつつじが一斉に咲き誇る様子は圧巻の一言。

「つつじ」の開花時期は本州では4月から5月ですが、沖縄での開花時期は3月となっており、これもまた日本で一番早い開花とされ、色鮮やかに風景を楽しませてくれます。

【3月の沖縄レジャーについて】

3月の後半から「日本一早い海開き」といわれる沖縄のお身開きが実施されますので、よく晴れた日や気温の高い日は、3月でも海で楽しむことができます。

シュノーケリングやダイビングなども楽しむことができますが、海水の温度はまだそこまで高くありませんので、海で遊ぶ予定があるならウェットスーツをレンタルしたり、準備しておいた方が良いでしょう。

また、冬から4月上旬頃にかけてはホエールウォッチングのシーズンでもあります。
寒い海域で暮らしていたザトウクジラが繁殖期にあわせて沖縄の海に戻ってくるという、この季節ならではのレジャーです。

運が良ければクジラの親子を間近で観察することができるこのレジャー、3月は遭遇率が高く、4月上旬までが見納めといわれていますので、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。

【3月の沖縄向けの服装と注意点】

3月はまだ肌寒い日が多く、雪が残っている地方もありますが、沖縄の3月はポカポカとした陽気で暖かい陽射しが多くなってきます。

平均気温は19度前後、晴れた日には20度を超えることもあるので半袖でも過ごしやすい時期ではありますが、季節の変わり目でもあります。
(あくまで平均値です。さらに気温が上り、25度前後になることもあります。)

厳しい寒さというわけではありませんが、朝晩の冷え込みや天気の悪い日の肌寒さや、
日焼け対策も含めて長袖の上着があれば役立つでしょう。
(紫外線も強くなる季節なので、長袖の服を準備しておくと安心です。)

厚着をする必要はありませんが、長袖のシャツやパーカー、カーディガン等があると気温に合わせて調整することができて便利です。
日焼け止めやサングラスの準備を忘れず、足元はスニーカーがオススメ!

【3月の天候について】

冬は曇天の日が多いのですが、3月になると晴天の日も増えてきて気持ちよく過ごせる日が多くなります。

実は本州よりも降水量が多い傾向ではあるのですが、スコールのような短時間の雨がほとんど。
外に出かける時は折りたたみ傘やレインコートを所持しておいた方が良いですが、雨宿りをしていればすぐにやむことが多いので、それほど心配する必要はありません。

さらに!花粉症の人ならこの感動、分かってもらえると思うんですが・・・、花粉が無いんです!
スギやヒノキが極端に少ないことでも有名な沖縄は、花粉症の人が訪れてもこの時期のお出かけを楽しむことができるんですよ……!
くしゃみや鼻水の心配が無くなったところですが、日焼け止めクリームやサングラス、帽子等の紫外線対策用のアイテムはきちんと携帯するようにしておきましょう。

本格シーズン到来、沖縄の4月はもう初夏!?

4月にもなれば、「日本一早い海開き」によって各ビーチで海水浴が楽しめる、まさに旅行向けのシーズンとなります。

この時期になると朝晩の冷え込みも少なくなり、初夏といっていいほど気候が安定するようになるので、1日が快適に過ごせるようになるのが特徴です。

4月後半はゴールデンウィークのハイシーズンに差し掛かり観光客が増えますし、5月の沖縄は梅雨入りするタイミング。
小さなお子様を連れてのんびりと海で遊びたい場合などは、この4月こそが狙い目の季節になるでしょう。

【4月の沖縄レジャーについて】

3月後半から4月にかけて、沖縄ではあちこちで海開きが始まりますので、4月であればもう海に入って遊ぶことができます。

様々なマリンレジャーを満喫して欲しいところですが、海の水温は22度前後とまだ低めの為、ウェットスーツの着用がオススメです。

長時間の海水浴は念の為避けつつ、海から出た時の寒さ対策としてバスタオルやラッシュガードなどを用意しておきましょう。

さらに、4月中旬には「日本で一番早い夏の大花火」として開催される「琉球海炎祭」が有名です。
有名なイベントには定番の悩みですが、「琉球海炎祭」は来場者数が多い為、行きも帰りも非常に混雑します。
車で現地まで向かう場合は駐車場を予約したり、公共交通機関を利用する場合は帰りの手段をどうするか等、事前の計画と準備を念入りにしておきましょう。

▼琉球海炎祭公式サイト
琉球海炎祭

【4月を快適に過ごす為の、服装と注意点】

4月の沖縄は夏に向かって気温が上昇しており、平均気温は22度前後で初夏のような陽気です。
平均最低気温でも20度前後と、朝晩と日中の寒暖差も小さくなる為、年間通しても過ごしやすい観光向けのシーズンになります。
(あくまで平均値です。4月後半は25度を超えることも増えます。)

日中は半袖でも快適に過ごせますが朝晩は涼しくなることもありますので、さっと羽織れる長袖(カーディガンやパーカーなど)があると安心です。
湿度も本州よりは高いので、厚手のものは避けておいた方が良いでしょう。

足元は、観光で歩き回るならカジュアルな装いがオススメ。
晴れていて気温が上がるならサンダルで大丈夫ですが、歩きやすいスニーカーも準備しておきましょう。

紫外線の量も急激に増えてきますので、日焼け止めやサングラス、帽子等を準備して対策しつつ、よく動き回る小さなお子様がいる場合は、汗をかいたときのために着替えも用意しておくようにしましょう。

【4月の天候について】

梅雨のシーズンである5月~6月とは違い穏やかな天候になることも多いですが、急なスコールが降ったり、曇天が続いたりするのが亜熱帯地方である沖縄。

急なスコールに備えて折り畳み傘や、レインコート等も持っていた方が良いですが、とはいえ、梅雨入り前の安定した気温と気候で最も過ごしやすい時期なのは間違いないでしょう。

▼さらに海でのマナーやその他沖縄で気を付けてほしいこと一覧がこちら!

沖縄あるある・雑学
【要注意】観光客は要チェック!?沖縄でやってはいけないこと10選

沖縄あるある・雑学
【注意】知らないと危険!沖縄でやってはいけないこと7選

【まとめ】本格シーズン前の最後のチャンス!

いかがでしたでしょうか?

梅雨明け後の本格的な暑さや観光客の多いハイシーズンを避けて、ゆっくりと見てまわりたい方にとって、3月~4月の梅雨入り前はオススメのシーズンといえるでしょう。

落ち着いて沖縄観光を楽しみたい方は、ぜひ本記事を旅行計画にお役立てください。

まとめとして、3月~4月の沖縄旅行にあると便利な服装や持ち物を下記に記載致しました。

▼服装
・日中は半袖
・温度調節が可能な、薄手の長袖や羽織り物
・スニーカー

▼紫外線対策
・日焼け止めクリーム
・羽織り物
・帽子や日傘等
・サングラス

▼急な雨に備えて
・防水仕様の上着
・携帯雨具

3月~4月の沖縄旅行を、より良くする為のお役に立てれば幸いです。
それではまたやーたい!

▼沖縄の魅力を発信!沖縄を盛り上げ隊「おきなわ部」

沖縄の絶景やグルメ、観光情報やおすすめスポットなどを発信しています!! おきなわ部をフォローゆたくしうにげーさびら(よろしくお願いします)!

おすすめ関連記事

【2024年】修学旅行生におすすめの最新沖縄お土産ランキング

【制作秘話】おきなわ郷土村がリニューアル!県民の力で沖縄観光を盛り上げたい!

カテゴリから探す
エリアから探す
Translate »