[11月][12月]の沖縄旅行を失敗させない持ち物と服装選び

[11月][12月]の沖縄旅行を失敗させない持ち物と服装選び

はいどーも、おきなわ部のうらすぎさんです。

前回は秋口における沖縄旅行の注意点などを記事でご紹介させていただきました。
今回は冬の沖縄旅行について気候や服装選びをご紹介したいと思います。

実は何気に注意点もある11月~12月の沖縄旅行について、気候や服装、沖縄のレジャーについても本記事でお役に立てればと思います。

シーズンは過ぎても沖縄を楽しみたいという方に沖縄旅行を失敗させない為にも、是非ご覧ください。

沖縄旅行では、下記の記事もチェックした方がより楽しめます!

沖縄お土産
沖縄でしか買えないハイセンスなお土産!~おしゃれで可愛い雑貨編~
本島南部(84)那覇市(68)

沖縄お土産
【2024年】沖縄移住者がすすめる国際通りの定番お土産7選!
本島南部(84)那覇市(68)

沖縄お土産
【2024年】修学旅行生におすすめの最新沖縄お土産ランキング
本島南部(84)那覇市(68)

11月と12月、冬の沖縄の特徴について

11月~12月の沖縄は冬の季節が到来することになり、この季節は沖縄でも様々な場所で趣向を凝らしたイルミネーションが展開されています。

さらに、年間を通しても11月~12月の沖縄旅行の費用はかなりリーズナブル
祝日にかかる日程となると多少値上がりしますが、それでもオフシーズンにはなりますので、夏のハイシーズンに比べれば旅行費用はかなり抑えられます。

ただし、年末年始は一時的にハイシーズンとなり、この時だけは旅行費用が跳ね上がりますのでご注意ください。
人気のホテルや飛行機の席などは埋まってしまうこともあるので、早めに予約は心がけておきましょう。

11月~12月における、沖縄の気候と天気について

沖縄の冬は一般的に本州と同じく12月~2月頃を指しますが、その気候は本州とはかなり異なってきます。
11月の沖縄の平均気温は20~23度前後、12月は15~20度前後になりますので、本州に比べてかなり過ごしやすくなります。

海水気温も25度前後なので、ウェットスーツを着用すればシュノーケリングやスキューバダイビングなども問題なく楽しめるでしょう。
また、この時期は夜になると街中が華やかなイルミネーションに彩られ、とてもロマンチックな景色を堪能することができます。

一方で、朝晩の気温は冷え込みますので寒暖差には注意が必要です。
日没後や早朝、曇りや雨天時は肌寒くなりますので、暖かい上着を用意しておくと安心です。

沖縄の11月は、実は狙い目の観光シーズン

11月の沖縄は太陽の日差しも和らぎ、とても過ごしやすい季節となります。

この時期の沖縄は夏の観光シーズンが一段落して観光客も比較的少なくなるので、実は沖縄を満喫したい方にはピッタリな季節。
混雑を避けてゆっくりと沖縄観光を楽しめるおススメのシーズンの一つとなります。

日差しも弱まり穏やかな海辺を、のんびり散策してみるのもオススメ。
貝殻やサンゴのかけらなどを探してみるのも、実は案外楽しいものです。

【11月の沖縄レジャーについて】

11月の沖縄の海水温は約25度前後。
時期的に海水浴はほとんどのビーチがシーズンオフで遊泳禁止となりますが、ウェットスーツを着たシュノーケリングやスキューバダイビング等、人気のマリンスポーツ系アクティビティは問題なく楽しむことが可能です。

まだまだマリンレジャーを楽しみたい!と考えている方は、是非マリンレジャーを体験してみてください。

▼最高の休暇を過ごすなら!カヌチャリゾートのマリンアクティビティがおすすめ!

沖縄観光
最高の休暇を過ごすなら!カヌチャリゾートのマリンアクティビティがおすすめ!
本島北部(20)名護市(10)

【11月を快適に過ごす為の、服装と注意点】

11月の沖縄は平均気温が20~23度前後と前述した通り、日中は太陽が出ていれば汗ばむこともあります。

半袖で過ごせる日もありますが、秋から冬へと移り変わる11月後半に近づくほど気候は不安定になりやすくなりますので、日没後や早朝、曇りや雨天時の肌寒さにも対応できるように暖かい上着があると安心でしょう。
足元もサンダルだけで過ごすのは寒いので、履き慣れたスニーカーを用意してください。

陽射しがやわらぐとはいえ、それでも本州の1.8倍の紫外線量があるので、日焼け止めクリームや日よけ用の長袖の服、帽子等を持参するようにしておきましょう。

▼ぐるくんグッズのInstagramで最新情報をチェック!
ぐるくんグッズ -Instagram

▼沖縄でしか買えないかわいい&おもしろTシャツ!お土産にもおすすめ!

沖縄お土産
沖縄でしか買えないかわいい&おもしろTシャツ!お土産にもおすすめ!
那覇市(68)

【11月の天候について】

11月は降水量も年間を通して少ない時期に入り、比較的安定した天候が続きます。

冬型の気圧配置が現れる11月の後半頃は曇天の日が増え、12月に入ると北風によって肌寒さを感じるようになりますので、沖縄旅行をより快適に過ごすならなるべく11月の実施をオススメします。

ただし、天気予報は常に確認しておくように注意しましょう。

12月は海風が強く、防寒対策を意識すること!

12月の沖縄は、海からの風が強く吹き抜けるのが特徴です。
この海からの風がある為、体感温度として寒く感じることが多く、沖縄といえど上着が必要になってきます。
特に海に面した地域は海風が強いので、それなりの防寒対策をしておいた方が良いでしょう。

とはいえ、それでも本州よりは温暖ではありますし、陽射しが強い日はやはり紫外線対策をしていた方が安心です。

予約が埋まってしまうハイシーズンの夏に比べて、冬は格安航空券も手に入りやすく、旅費をかなり抑えることも可能です。
(冬休みの時期や年末年始はハイシーズンに近くなりますのでご注意ください)

夏は南国のリゾート気分を味わい、冬は温暖な気候の中でのんびり過ごす事が沖縄の楽しみ方と言えるでしょう。

【12月の沖縄レジャーについて】

台風シーズンも終わっているので荒れた天気になることはあまり心配しなくても良いですが、長時間のマリンレジャーは防寒対策が必要になってきますので、この季節はそれ以外のレジャーを選択してみることをオススメします!

例えば四輪バギー等の本格的なアクティビティに興じてみたり、冬の澄んだ空気の中で見る天体観測・星空観測等、この時期ならではの体験が多くあります。

特に夜間の照明、街灯が少ない沖縄の離島では、都会では味わえない素晴らしい星空スポットがたくさんありますので、冬の沖縄レジャーとしても検討してみてください!

他にも、12月のクリスマスシーズンは沖縄でも様々なスポットでイルミネーションが設置されているので、是非大自然の星空とイルミネーションの両方を堪能してみましょう!

沖縄観光
冬の沖縄を満喫!【カヌチャリゾート】のイルミネーションがすごい!
本島北部(20)名護市(10)

【12月を快適に過ごす為の、服装と注意点】

12月の沖縄は、本州の冬と比べると暖かくて過ごしやすいと言えますが、それでも風が強い時は寒さを感じますので、ジャケットやコートはあった方が良いでしょう。

日中は長袖で過ごせるくらい暖かい日もありますが、晴れの日と曇りや雨の日での気温差が大きく、朝晩は寒さを感じますので天候に応じた服装にできるように準備しておきましょう。

【12月の天候について】

沖縄の12月の平均気温は15~20度前後、12月の本州の平均気温がおおよそ5~10度前後なので本州に比べてかなり高くなりますが、風が強い日が多いので、足元は長ズボンやタイツを履くなど、素肌は出さないような風対策が必須です。

特に海に出かけたり、海の近くのホテルに宿泊を予定している場合は防寒対策をしっかり行いましょう。

1年の中で降水量が少ない時期ですので雨の心配はそれほど必要ありませんが、紫外線は12月でも降り注いでいます。
冬の曇天時でも油断せず、日焼け止めや、紫外線対策をして肌を守りましょう。

【まとめ】冬の沖縄旅行はリーズナブルに!

いかがでしたでしょうか?
11月から12月にかけての沖縄旅行については、夏に比較してリーズナブルな料金で沖縄旅行が可能となります。

それでも、12月20日を超えるころからは年末年始にかけて旅費は急上昇し、ハイシーズン並みの価格にまで上がりますので、ご自身のスケジュールの日程を調整する等、よく検討してもらえればと思います。
まとめとして、11月~12月の沖縄旅行にあると便利な持ち物を下記に記載致しました。

▼服装
・日中は薄手の長袖
・厚手のパーカーや羽織り物
・ウィンドブレーカー
・ジャケット、コート
・ズボンやタイツ
・スニーカー
・サングラス

▼紫外線対策
・日焼け止めクリーム
・羽織り物
・帽子や日傘等
・サングラス

▼海のレジャー
・ゴーグル
・ウェットスーツ必須
・日焼け止めクリーム
・ラッシュガード
・大判タオル
・羽織り物

冬の沖縄旅行を、より良くする為のお役に立てれば幸いです。
それではまたやーたい!

関連記事もぜひチェックしてください!

▼沖縄の魅力を発信!沖縄を盛り上げ隊「おきなわ部」

沖縄の絶景やグルメ、観光情報やおすすめスポットなどを発信しています!! おきなわ部をフォローゆたしくうにげーさびら(よろしくお願いします)!

おすすめ関連記事

【RESORT BAR RISE】那覇でお酒を飲むなら?行って損しないバーのススメ!

【2024年】沖縄移住者がすすめる国際通りの定番お土産7選!

【南城市】沖縄の海と自然を体感できる贅沢プライベートヴィラ&カフェに行こう!

カテゴリから探す
エリアから探す
Translate »