[7月][8月]夏の沖縄旅行に持っていくべき持ち物と、服装選びの注意点

[7月][8月]夏の沖縄旅行に持っていくべき持ち物と、服装選びの注意点

はいどーも、おきなわ部のうらすぎさんです。
まもなく大型連休の夏休みを迎えるかと思いますが、皆さん、夏と言えばどこで遊びますか?

正解、ですね、間違えようがありません。

夏と言えば海、海と言えば沖縄ということで、美しいエメラルドグリーンの海で遊びたい方にはもちろん夏の沖縄旅行がオススメ!

本記事では、7月~8月の時期に沖縄旅行を計画している方へ向けて、沖縄の気候、沖縄旅行にあると便利な持ち物についてご紹介できればと思います。

夏の沖縄の海は、下記の記事もチェックした方がより楽しめます!

▼【沖縄南部】南城市でおすすめのビーチやカフェ、観光スポットをご紹介!

沖縄観光
【沖縄南部】南城市でおすすめのビーチやカフェ、観光スポットをご紹介!
本島南部(80)南城市(9)

▼沖縄の離島【宮古島】のおすすめ絶景ビーチと岸釣り!!

沖縄観光
沖縄の離島【宮古島】のおすすめ絶景ビーチと岸釣り!!
宮古島・伊良部島・下地島(5)宮古島(5)

沖縄で海遊びする為に、ベストなシーズンとは?

一般的には7月、8月の夏休み時期が一番のハイシーズンとなります。
この記事を読む方の中には、夏休みは沖縄で観光旅行を計画している方も多いかもしれませんが、エメラルドグリーンの海で遊んだり、沖縄ならではのマリンアクティビティを体験したい人にとっては、夏の沖縄旅行が最もベストなシーズンになります。

とはいえ、いくら海で遊ぶことが目的になっていても、夏の沖縄旅行は色々と注意すべき点がいくつかあります。

本記事では目前に迫った【7月~8月】にかけての沖縄の特徴をお伝えしていきますので、楽しい沖縄旅行にできるようしっかり熟読してください!

7月~8月における、沖縄の気候と天気について

沖縄県外だろうと県内だろうと、7月、8月は晴れの日が多く、じりじりと太陽は照りつけてきますが、沖縄の気候と県外、つまり本州の気候は少し違ってきます。

沖縄の平均気温は30℃前後となっていますが、海に囲まれている為海風が吹き付けており、実は意外と過ごしやすいのが特徴です。
南国イメージの強い沖縄ですが、いわゆる猛暑日となる日は少なく、日陰に入れば海風のおかげで本州の都市部などと比べれば、快適な気候となるでしょう。

台風と、参考にしてはいけない天気予報

沖縄旅行で最も気を付けたい事が、台風。
夏の時期、月に2~3回は沖縄に台風が接近していますが、こればかりは本当に運次第です。

旅行の日程に台風が接近するかは、他の季節と比べて可能性が高くなりますが、台風の大きな影響は1日から2日と見ていいでしょうから、あまり気にしない方がきっと幸せです。

また、天候で気になるのは沖縄の「スコール」です。
高温多湿の亜熱帯気候の沖縄は、スコールのような突発的な雨がよく発生します。
こういった環境ですと、天気予報もそこまで当てにできません。

「イーーね、快晴じゃん♪」なんて鼻歌を歌いながら観光していると突然、「ズドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴズババババババ」と唸るような雨が降るのです。
お天道様の情緒はどうなってんの?となるでしょう。

沖縄ではレンタカーを使って観光スポットを巡る方も多いかと思いますが、上記の理由から念の為、オープンカーは避けておいた方が良いでしょう。

海沿いの道をオープンカーでブチかましたい気持ちはよく分かります。
ですが、想像してみてください。
オープンカーをノリノリで運転しているあなた、助手席には沖縄観光でご機嫌な恋人、そして急なスコール・・・、あとは分かりますね?

観光時には突発的な雨に備えておくことを意識しておくと良いでしょう。

夏の沖縄で快適に過ごす為の服装と持ち物

先ほどは「本州の都市部などと比べれば、快適な気候」と書いておりますが、気温は高いので観光地を回る予定の方には、雨対策も含めて下記のポイントを意識して準備するようにしましょう。

【服装や小物のポイント】

Tシャツやゆったりした風通しの良いシャツ、ノースリーブ、ハーフパンツ、ショートパンツ、ワンピース等の真夏の服装で問題ありません。
ただし、夏の沖縄は本州に比べて紫外線がかなり強いので、サングラスや帽子、日傘、羽織り物を準備しておくと良いでしょう。

Tシャツ等は沖縄のお土産屋さんで様々な種類が販売されています。
荷物を減らす意味でも、現地ならではのおもしろTシャツを購入するのもアリアリのアリです!

▼沖縄でしか買えないかわいい&おもしろTシャツ!お土産にもおすすめ!

沖縄お土産
沖縄でしか買えないかわいい&おもしろTシャツ!お土産にもおすすめ!
那覇市(66)

【雨対策のポイント】

雨対策にはレインコートやタオルなどの雨対策をおすすめします。
折り畳み傘もあれば便利ではありますが、風が強い日などはあっという間に裏返りますし、
そもそもスコールの勢いが強すぎるので、あまり意味がありません。

まずは「雨宿り」ができる場所を探して、晴れるのを待つ方が良いかと思います。
スコールにあたって濡れても、晴れてしまえば濡れた服はすぐに乾きます。

地味なポイントですが、沖縄旅行の際はサンダルがオススメ。
頻繁にやってくるスコールにあたっても、スニーカーと比べてすぐに乾くので便利!
靴擦れしないように、事前に履き慣らしておくのを忘れないようにしてください。
持っていない方も、沖縄ではそこかしこに島草履(いわゆるビーチサンダル)が販売されているので、現地購入も可、です。

また、スマホやカメラ等の電子機器を持っている場合は雨に濡らさないよう十分に注意しましょう。
荷物になってしまうかもしれませんが、Tシャツなどの着替えを持ち歩くとより安心かと思います。

ちなみに、ちなみにですけど、荷物や着替えを濡らさないよう持ちたい時は「ぐるくんバッグ」がオススメ!
色はブラック、ホワイトの2色をご用意、防水効果もあるから雨の日も安心!
観光ついでに買ったお土産もまとめて持ち歩ける便利グッズです!

▼ぐるくんグッズのInstagramで最新情報をチェック!
ぐるくんグッズ -Instagram

【お子様向け】

家族で沖縄旅行に行く場合は、熱中症対策に気を付けるようにしましょう。
帽子は必ずかぶせ、通気性が良い服装と日焼け止め対策をしっかりと行ってください。

【夏の沖縄では必須!紫外線対策について】

服装は上記のように軽装で大丈夫ですが、肌の露出が多いとまともに紫外線を浴びることになります。
日焼けがひどくなって旅行を台無しにしない為にも、日焼け止めと風通しの良い羽織り物を準備するのがポイントです。

また、サンダルを履く場合は露出している部分がすぐに日焼けしてしまう為、足にも日焼け止めを塗ることをオススメします。

さらに帽子やサングラスで日差しをガードするのをお忘れなく!
これで完璧です。

【海で遊ぶ時のポイント】

海遊びにも最高の季節である7月8月ですが、ビーチでの日焼け対策は特に注意が必要です。

日焼け止め塗っておけば平気?
はぁ~、甘い!チョコラテより甘いですよ!

強烈な陽射しの沖縄の海の紫外線量は、東京の1.5倍もあると言われています。
さらに砂浜の照り返しが加わるので、晴天下ではやけど状態になることもあるほどです。
日焼け止めはもちろん、ラッシュガードを着ておくのがおすすめです。

日焼け対策さえバッチリしていれば、沖縄の海はあなたのもの!
海に入って遊ぶなら、ゴーグルを持参して海の中を覗いてみましょう。
初めて沖縄の海を覗いた人は、あまりの透明度に感動を覚えるはず!

贅沢を言うなら、熱中症予防に日よけテントやクーラーボックス、シュノーケル可能なビーチであればライフジャケットやシュノーケルセットをおススメしたい所ですが、いかんせん全てを準備するのは大変です。
シュノーケルポイントの近くにはレンタルセット店が点在していますので、そちらを是非ご利用してみてください。

【まとめ】7月~8月の沖縄旅行にあると便利な服装と持ち物!

いかがでしたでしょうか?
まとめとして、7月~8月の沖縄旅行にあると便利な持ち物をまとめてみました。

▼服装
・Tシャツやノースリーブ等の真夏の服装
・風通しの良い長袖シャツや羽織り物
・サングラス
・帽子や日傘等

▼雨対策
・レインコート
・タオル
・サンダル
・レンタカー(オープンカー以外)

▼紫外線対策
・日焼け止めクリーム
・羽織り物
・帽子
・サングラス

▼海遊び
・海水浴セット
・ゴーグル
・シュノーケルセット(レンタルもできます)
・日焼け止めクリーム
・ラッシュガード
・帽子
・サングラス

準備するのは少し面倒かもしれませんが、紫外線対策、雨対策を行っておくことが特に肝要となります。

夏休みの沖縄旅行を、より良くする為のお役に立てれば幸いです。
それではまたやーたい!

 

関連記事もぜひチェックしてください!

▼沖縄の魅力を発信!沖縄を盛り上げ隊「おきなわ部」

沖縄の絶景やグルメ、観光情報やおすすめスポットなどを発信しています!! おきなわ部をフォローゆたくしうにげーさびら(よろしくお願いします)!

おすすめ関連記事

実は旅行におすすめの時期?【5月、6月】の沖縄を快適にする服装と持ち物紹介!

【沖縄南部】南城市でおすすめのビーチやカフェ、観光スポットをご紹介!

【沖縄南部】地元民がすすめる!那覇市の観光スポットと美味しい飲食店をご紹介

カテゴリから探す
エリアから探す
Translate »