ポケモンマンホールで沖縄観光の旅にでる!【沖縄南部】

ポケモンマンホールで沖縄観光の旅にでる!【沖縄南部】

はじめまして、おきなわ部のWeb担当のホシロさんです。

今回は過去に行ったポケモンマンホール探しから第二弾!!
あれから約1年を経て、沖縄に置かれているポケモンマンホール(ポケふた)の数は、
4箇所から、12箇所に!!
別の市町村に次いで離島にもポケふたが広がり、更に探索の幅がひろがりました!!わーーい!!

これはポケモン好きとして行くしかない!
それでは、出発しましょう!!レッツゲットだZE!!

ポケモンマンホールについてはこちらの記事でも紹介していますので、
そもそも「マンホール蓋って?」となっているかたは読んでみてね!
こちらの記事では、那覇市・宜野湾市・沖縄市・うるま市のポケふたを紹介!!

沖縄観光
ポケモンマンホールで沖縄観光の旅にでる!
本島中部(25)宜野湾市(7)沖縄市(5)うるま市(4)本島南部(86)那覇市(70)

【浦添市】ポポッコ・ソルロック

まず最初、一つ目のポケふたは浦添市にある『組踊(くみおどり)公園』にあります!

ポケふたはこちら!

ポポッコ・ソルロックです!!

ソルロックが沖縄の太陽のように輝いてますね~。神々しい。
ポポッコと周りに咲いている花は浦添市の市花である「オオバナアリアケアズラ」のようです。

空の青と、草木の緑が良い対比になっていますよね。奥行きさえ感じられる良いデザインですね。

「オオバナアリアケアズラ」は沖縄では公園・街路樹としてよく見られます。太陽の光をたくさん浴びた鮮やかな黄色が特徴的な美しい花です。
見かけたら写真を撮ってみてくださいね~。きっとインスタ映えするでしょう。

楽しく駆け回れる公園も魅力!

『組踊公園』は緑あふれる芝生のある広場で、公園の周りには、組踊に関するオブジェなども配置もあって、散歩するだけでも楽しい。

『組踊』とは、沖縄の伝統民謡の一つです。唱え、音楽、踊りによって構成される歌舞劇のことで、その歴史は古くから語り継がれてきたものとされています。
『組踊公園』の隣にある「国立劇場おきなわ」ではそんな組踊の演舞や、沖縄民謡などの演舞が行われています。ポスターの張り出しもされているので、色々と見てみるのも良さそうです。
「国立劇場おきなわ」の中では飲食店(ラーメン屋)があったり、コンビニも近いので遊びがてら探してみるのも良いと思います。

駐車場もあり、公衆トイレや休憩できる東屋もあるので広い原っぱで遊びたいという家族連れにもおススメできます!

軽く散歩してみると配置されているオブジェの中に、ホシロさんのお気に入りの演目「執心鐘入(しゅうしんかねいり)」もありました!
物語のカギとする鐘に登場人物たちの絵が書き込まれていて、すごくテンションが上がりました。
ちなみに、物語を率直にいうと「メンヘラ女(?)撃退物語」で面白いです。
難しい内容ではないので、組踊に興味が湧いている方は、こちらの演目はかなりおススメしたい内容です!

ポケふたの配置場所はこちら!

【豊見城市】ジャラコ・キバゴ

二つ目のポケふたは豊見城市にある『てぃぐま館』にあります!

ポケふたはこちら!

ジャラコ・キバゴです!!
ドラゴンタイプ!
二匹が乗っているのは沖縄特有の船、サバニというやつです。
よく見ると二人とも別々の船に乗っていて、船の柄が二匹の進化した姿を模しています。(芸が細かい)

豊見城市は沖縄の伝統行事ハーリーの発祥の地とされており、毎年7月下旬にサバニに乗り早さを競うボートレースが行われます。(2022年の開催は無いようです)
今回はそんなハーリーをイメージしているんでしょう。

サバニの縁掴んでるキバゴの手が可愛い。木の実あげたい。

サトウキビは黒糖だけじゃない!緑の美しい染物に!

ポケふたのある『てぃぐま館』では、
沖縄のサトウキビを使った染物、織物のウージ染め商品を展示販売がされています。
(ウージとは、沖縄の方言で「サトウキビ」という意味です)

また、予約していれば併設された作業場でウージ染めの体験なんかも出来ます。
沖縄の職人達の工房を覗くことができるので、気に入った商品があればその作成に至るまでの経緯を肌で感じることができるかもしれません。

▼ウージ染めに興味がある方はこちらのサイトもおススメ!
http://www.u-jizome.jp/

ポケふたの配置場所はこちら!

【糸満市】スナバァ・カメール

三つ目のポケふたは糸満市にある『ファーマーズマーケット いとまん』にあります!

ポケふたはこちら!

スナバァ・カメールです!!

おそらく糸満市にある「美々ビーチいとまん」の浜辺で遊んでいるところなのでしょう。
こっちみてるの可愛い。

余談ですが、ポケットモンスターサン・ムーンで初めてスナバァ見た時は「おいおいマジかよ……。」と思いました。あと設定が怖い。
ちなみに「カメール」は沖縄の方言で「掴む」という意味があったりします。あまり関係あるかはわかりませんが。

沖縄の県産品やお土産が楽しめる施設!

『ファーマーズマーケット いとまん』は海が近くにあることで観光客で賑わう場所でもありますが、主に糸満市の市場として県民からも愛されている場所でもあります。
家族連れやご年配の方が行き来するおだやかな場所でした。

ポケふたがある場所は、イベント広場の机が置かれた休憩スペースで、沖縄の琉球ガラスを砕いてはめたような綺麗な床に囲まれています。キラキラ光って綺麗です!
イベント広場兼休憩所として扱われていることから、ホシロさんが行った時はちょっとした出店や福引などが行われていました。

その隣にある「糸満市特産センター遊食来(ゆくら)」では飲食店他、沖縄の特産品お土産がたくさん販売されていました。
定番のちんすこうや紅芋タルトだけでなく、多くの島酒やかりゆしウェアなども販売されていました。お土産選びが楽しくなっちゃいます。

沖縄に観光に来た際に是非食べてほしいのが「おっぱアイス」!!
糸満市だけでなく、沖縄県の色々なところで店舗を展開していますが、ポケふた探しにフラッと立ち寄ってみるのもいいでしょう♪

牛乳屋さんが作ったアイスということもあり、生乳で作ったバニラソフトクリームは濃厚で美味しいです。
またジェラートも販売しており、沖縄の暑い夏にピッタリです!
ホシロさんはジェラートのミルクを頂きましたが、他にも定番なチョコレートやイチゴ、沖縄の特産品の紅芋やマンゴーなどもあってどれも美味しいです!

ポケふたの配置場所はこちら!

【南城市】ハブネーク・ザングース

最後、四つ目のポケふたは南城市にある『南城市観光協会』にあります!

ポケふたはこちら!

ザングース・ハブネークです!!
にらみ合っている感じですがいいですね~。
モチーフの元になっているであろうマングースとハブは、沖縄では敵対する同士として書かれてことが多い2匹になります。

せっかくなので、「マングースとハブ」に関する話をしようと思います。
元々マングースはネズミなどの食料を求めて畑に入り込むハブを駆除するために持ち寄られたとされる外来種なんです。
コブラと敵対関係にあるとされていることから着想を得ており(詳細不明)そこからやってきたとされています。

過去には、実際の観光の出し物として、箱に入れたマングースとハブをバトルさせてとどめを刺す手間まで戦わせるというショーが行われていました。
しかし、2000年代に動物愛護法(動物愛護及び管理に関する法律)により禁止され、今では南城市にある「おきなわワールド」などで、ハブではないですがウミヘビとマングースとの水泳競争バトルなどが行われています。

これだけ聞くと、マングースってハブを懲らしめてくれるいいやつなんだなぁと思うかもしれません。
しかし、実際は「外来種持ち込みの失敗例」として、マングースは外来生物法の「特定外来生物」に指定されています。
というのも、マングースは日中活動するのに対してハブは夜行性とされており、遭遇確率が極めて低いということが発覚したのです(諸説あり)。
結果、マングースは絶滅危惧種のヤンバルクイナやその他の生態系を破壊するという結果を生みました。
今でもマングースによる被害は少なくないようです。

▼話にあげた「おきなわワールド」の観光記事はこちら!
【ハブとマングースのショー】に関するお話も!!

沖縄観光
沖縄をまるっと体験!沖縄南部のおすすめスポット【おきなわワールド】に行ってみた!
本島南部(86)南城市(10)

南城市の観光に迷ったらココで情報収集!!

気を取り直して、ポケふたがある観光地の紹介!!

時期おかしくね?って思う方もいますでしょうか。
別日撮影です。しかも鯉のぼりから察していただけるように5月頭に撮影した写真になります。
いい天気だったので南部でドライブしていたついでのものです。(笑)

「ニライカナイ橋」からの眺めが最&高!!!!

『南城市観光協会』では、南城市にある観光地情報やカフェの情報や、南城市を舞台にしたアニメ「白い砂のアクアトープ」に登場するメインヒロインのパネルなどがあり、また高台からの南城市の景色が一望できます。

観光場所に迷ったらまずはココで情報収集してみると面白いかもしれません!!
南城市はカフェなども多いので、海を見ながらティータイムを嗜むなど言った楽しみ方ができる場所が見つかるはずです!

ポケふたの配置場所はこちら!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は沖縄県南部に設置されているポケふた4箇所の場所を紹介しました。
こちらは前回と比べ、わりと密集した場所にあったため、探しにいくのに車で約2時間程度!その間、車の中で仲間たちとポケモンソング大熱唱会をして楽しいドライブになりました。

離島に関しては、スケジュールと距離的にホシロさんの力では難しいので別の機会に……。

それでは、またやーたい!

▼ポケモンの関する記事はコチラでも!!
【ポケモンマンホール 第一弾!】那覇市・宜野湾市・沖縄市・うるま市のポケふたを紹介!!

沖縄観光
ポケモンマンホールで沖縄観光の旅にでる!
本島中部(25)宜野湾市(7)沖縄市(5)うるま市(4)本島南部(86)那覇市(70)

▼ポケふたに興味がある方はこちらもおススメ!!
ポケモンマンホール『ポケふた』

▼沖縄の魅力を発信!沖縄を盛り上げ隊「おきなわ部」
沖縄の絶景やグルメ、観光情報やおすすめスポットなどを発信しています!!おきなわ部をフォローゆたしくうにげーさびら(よろしくお願いします)!


おすすめ関連記事

ポケモンマンホールで沖縄観光の旅にでる!

沖縄の冬~春は夜を彩るイルミネーションがすごい!【東南植物楽園】

沖縄旅行で海外気分!アメリカンなおすすめスポット&グルメ

カテゴリから探す
エリアから探す
Translate »