view
見る

|
見る

【まもなく3周年】沖縄発のバーチャルタレント「根間うい」ってナニモノ??

【まもなく3周年】沖縄発のバーチャルタレント「根間うい」ってナニモノ??

沖縄県内での知名度が過半数を超える、バーチャルタレント「根間うい」。

テレビのニュース番組でも「新世代のインフルエンサー」として特集もされたが、果たして根間ういとはナニモノなのか。
どんな活動をして、どう沖縄と関わっているのか。

コロナ禍でオンライン需要が高まる中、バーチャルタレントという特性を活かした、根間ういの沖縄観光復興への取り組みについてもフォーカスしていきます。

根間ういの活動に迫る・・・!

はいさいゴン!
皆のアイドル兼おきなわ部のプロデューサー、ししごんですゴン。
今回は以下のテーマで記事を書いてみたいと思います。

「沖縄発のバーチャルタレント”根間うい”ってナニモノ??」

根間ういは2019年3月22日にYouTubeにてデビューしたのですが、その時期は「VTuber」の知名度が大きく伸びていた年でもありました。

※VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、バーチャルの住人がYouTuberとして活動する際に使用される名称。

私、ししごんは当時、「沖縄の魅力をもっともっと発信するにはどうしたらいいか」を命題として試行錯誤していたのですが、その頃絶賛バーチャルニートだったういちゃんに、「VTuberとして沖縄を発信してくれない?いや、ゲームばっかしてないでやれゴン」と半ば強制的にスタートしました。
動画投稿も初めてのことで手探りの状態になりましたが、ういちゃんも「面白そう!!」と一生懸命頑張ってくれたおかげで、今やYouTube上での活動だけでなく、テレビに出たり、イベントに出演したり、観光促進の事業に絡んだりと、バーチャルタレントとして獅子奮迅の活躍をしてくれています。
ししごんの目に狂いはなかった・・・。

そんな根間ういですが、現在沖縄のご当地バーチャルタレントとして、具体的にどんな活動をしているのかをざっくり紹介したいと思います。

普段の活動は、YouTubeにて発信!

毎週火曜日に、沖縄の魅力発信動画を投稿しています。
一番メジャーなのは、再生回数120万回を超えるこちらの動画ですね。

▼沖縄あるある




県外の方からは「沖縄ってこんな感じなの!?」、
県内の方からは「これあるある!w」という反応をいただき盛り上がりました。

酔っぱらったういちゃんが結構人気だったりするのですが(呂律がエグくなる)、収録中初めて泥酔したのはこちらの動画。

▼一番美味しい泡盛の割り方は・・・!?




実はこの動画の公開後、偶然視聴された泡盛の酒造メーカー・久米仙酒造さんから連絡をいただき、初めての企業コラボに繋がったのです。
こんな無茶苦茶やった動画を面白い!と言ってくれた久米仙さんの懐の広さには、本当に感謝しかないです笑。

ちなみにししごんが企画した中で、一番お気に入りなのがこれ。

▼6万本倒すまで終わらないボウリング!!




長時間の耐久配信でしたが、なかなか見応えのある楽しい企画になったのではないでしょうか。
ういちゃんが直前練習で10回投げて0点だった時は徹夜を覚悟しましたが、配信中にコツ掴んでくれて無事終わることが出来ました(4時間かかったけど)。
今度はゴーヤーカートの耐久レースとかやりたいなァ・・・(๑´ڡ`๑)

こんな感じで、「沖縄✕エンタメ」全開で世界中に沖縄の魅力を発信しています。

沖縄伝統工芸品や企業様とのタイアップ!

シーサー・琉球ガラス・マース袋など、沖縄伝統工芸の魅力をより多くの人に伝えるため、県内企業や職人さんとコラボ商品を生み出しました。

工芸品紹介動画を見た学生の方が、「ういちゃんの動画見て来ました!」と県外から来店されたりもしたそうです。嬉しい限りです・・・。

泡盛×チョコレート=ちょこもり!

また、前述した久米仙酒造さんとは、根間ういの大好きなチョコレートと泡盛をかけ合わせたオリジナルのお酒「ちょこもり」を完成させ、沖縄の新しい県産品として国際通りのお店に並んでいます。

ちょこもり×キッチンカーのコラボ!

国際通りを盛り上げる施策の一つとして「ちょこもりキッチンカー」を作らせてほしいというお話もいただき、沖縄内を走っています!見かけたら激ウマのちょこもりフラッペを飲んでみてください!(ノンアルVerもあります)

音楽活動

去年、沖縄支援の一環として、販売利益の一部を国際通りに寄付するCDアルバムをリリースするなど、音楽活動も行ってきました。
その中で「音楽で一緒に沖縄を盛り上げよう!」とHYのボーカル・ひーでーさんに曲を作っていただき、県内アーティストの方とも活動できました。
他にも、世にある人気曲を三線や太鼓、フェーシなどでアレンジし、こちらも沖縄の魅力の一つとして発信しています。
※フェーシとは「囃子(はやし)」のことで、沖縄の伝統芸能エイサーでよく耳にする「イーヤーサーサー」などの掛け声を指します。

突然ですが、ししごん的根間うい楽曲ランキングTOP3を発表します。
なんか急に発表したくなりました。

ししごんランキング 第3位

第3位:ファンサ

ういちゃんとういんちゅ(ファン名称)との関係も相まって高まりますね・・・。
ライブ中の掛け声「ばんない!(もっと!)」もとても盛り上がります。




ししごんランキング 第2位

第2位:青々

HYさん大好きな自分としては、たまらないコラボです。
MVの、琉球國祭り太鼓さんとういちゃんの共演もめちゃくちゃカッコいい!




ししごんランキング 第1位

第1位:キミノヨゾラ哨戒班

やはり一番想い入れの深い曲は、最初に公開したキミノヨゾラですね。
冒頭の「イーヤーサーサー!」は皆で叫ぶのがお決まりです笑

沖縄アレンジもさることながら、映像美も話題になりました。




コロナ禍での活動

最後に、一昨年から続くコロナ禍で、沖縄のために何ができるかをういちゃんと一緒に考え、活動を行いました。

▼沖縄物産支援プロジェクト
沖縄物産支援プロジェクト

まずコロナ第一波が起きた際に、沖縄の観光業も大きな打撃を受け、お土産や物産が大量に売れ残り、お店や製造メーカーが休業・倒産の危機に陥りました。
そこでおきなわ部が少しでも力になれればと、物産を集めPRして800万円分程の在庫を完売することができ、商店街やメーカーに還元することが出来ました。
ういんちゅの皆も、購入支援いただいただけでなく、「#おうちでゆいまーる」のもと、拡散にも多大なるご協力をいただけました。

まとめ!

いかがでしたかゴン!

長々と紹介してしまいましたが、上記の他にも、観光業を新しい角度で盛り上げる沖縄のメタバース「バーチャルOKINAWA」を展開した中で、バーチャル観光大使として奮闘し、バーチャルでの沖縄伝統行事を開催することが出来ました。

▼バーチャルOKINAWA公式サイト
バーチャルOKINAWA公式サイト

次回の活動実績記事では、ディレクターのたんたんからも活動内容を紹介してもらいます。

今後も沖縄の魅力を発信するとともに、今だからこそおきなわ部として出来ることを行い、復興の力になれればと考えていますので、引き続きよろしくお願いしますゴン!

ししごん

おきなわ部プロデューサー。 通称青い悪魔。 ししごんの言うことは絶対。

関連記事

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

バーチャルタレント活動実績

おきなわ部部長、根間ういが
大好きな沖縄のために活動してきたこと

活動実績

おきなわ部部員が、沖縄のために活動してきたこと

お問い合わせ

ご意見・ご要望、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら パートナー様向けページはこちら
お問い合わせ
Translate »
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x