experience
体験する

|
体験する 本部町・伊江島

【伊江島】日帰りで行くならこの離島!沖縄本島から行ける南の島

【伊江島】日帰りで行くならこの離島!沖縄本島から行ける南の島

はじめまして、おきなわ部のWeb担当のホシロさんです。

沖縄県は日本屈指のリゾート地としても有名で、その海の蒼さを求めて訪れる観光客も多いのではないでしょうか?
特に、沖縄の離島は本島とは違った海の良さを醸し出しており、「一度は訪れてほしい!」と周りの友人におススメしたくなるような素晴らしさを持っています。

ということで、今回はそんな離島の一つ、沖縄本島から30分で行ける離島【伊江島】を紹介したいと思います!

伊江島ってどんな島?沖縄本島から30分で行ける観光地

(※本部港フェリーターミナル入口 伊江島のたっちゅん可愛い。いっぱい要素詰め込まれてる。)

伊江島とは

伊江島は、沖縄本島(本部町)から約9km離れた先にある、小さな離島です。
車での移動だと、ドライブとして島を一周するのに1~2時間ほどで周れる程度の広さをしています。

島の中央付近にある標高172mの岩山「城山(タッチュー)」が島のシンボルとなっており、山頂では島全体ののどかな風景を見ることができ、観光としてこの岩山を登る人も多いそうです。

4月~5月の時期に伊江島のリリーフィールド公園で開催される「伊江島ゆり祭り」では、日本一早いゆり祭として広大な敷地に広がるテッポウユリや色とりどりの鮮やかなユリを楽しむことができます。

特産品としても、さとうきび、島らっきょう、落花生等が盛んで、島のお土産品としてもよく売られています。

沖縄本島からのアクセスも簡単で日帰りで行ける島としてもピッタリです。

伊江島へ行く交通手段、値段、運航状況

実はそんな伊江島へのアクセスは、なんと!
沖縄本島にある本部港からフェリーで約30分で行くことができます!

フェリーの値段、運航時間についてはこちら!

▼運航時間

運航時間
1便 伊江港発 08:00  本部港発 09:00
2便 伊江港発 10:00  本部港発 11:00
3便 伊江港発 13:00  本部港発 14:00
4便 伊江港発 16:00  本部港発 17:00

※旅客運賃、運行時刻表は基本的なものとなります。
※車両運賃、二輪車運賃やイベント時期の運行時刻は異なります。

▼値段

片道運賃 大人 730円   子供 370円
本部発 往復 大人 1,390円  子供 710円
伊江島発 往復 大人 1,250円  子供 630円
団体往復 大人 1,320円  子供 670円

※大人は、12歳以上。子供は、6歳以上12歳未満。団体は、15人以上からです。

▼車 値段

3m未満 片道:2,530円 往復:4,810円
3m以上4m未満 片道:3,150円 往復:5,990円
4m以上5m未満 片道:3,990円 往復:7,590円
5m以上6m未満 片道:5,200円 往復:9,880円

※軽自動車~大型車のサイズのものを記載しております。
※車両航送券をご購入の際は、必ず「車検証」をお持ちください。
※車を航送される方は30分前までに航送券を購入し、所定の場所で待機していて下さい。
※お帰りの際は30分前までに切符売場にて係員の検認を受けてください。

詳細は、伊江村オフィシャルサイトで確認ください
船舶運航時刻・運賃

伊江島おススメビーチ紹介!!

伊江島にはいくつかビーチが存在しますが、その中でもホシロさんがおススメのビーチを紹介します!
それがこちら!!
伊江ビーチ!!!!

施設も充実、安心安全に楽しく遊べる『伊江ビーチ』

島の東側にあるビーチです!
青少年旅行村の中にあり、ビーチの入場料として大人:100円 子供:50円で入ることができます。
※キャンプをする場合は追加料金がかかります。

クラゲ防止ネットや有料シャワールーム、さらにブランコやビーチバレー用のコート等施設が充実しており、売店や休めるビーチテラス席もあるので、友人や家族と遊びにきた際は大いに楽しめる場所です。
特に、ブランコはインスタ映えしそうな綺麗なスポットです!
ホシロさんはインスタやってない勢ですが、お子様なのでめっちゃはしゃぎました。

ちなみにブランコは大人三人分が入るほどのサイズでデカすぎてこげませんでした。

一度は行ってほしい神秘の洞窟『ニャティヤ洞』

こちらはビーチではないですが、伊江島に来た際に是非行ってほしいので紹介します。

こちら、ニャティヤ洞からの風景です!

『ニャティヤ洞』は海辺にある沖縄の洞窟です。
海上からは大きな岩で死角になっており、戦時中は村民の防空壕に利用され、多くの命を戦火から守ったとされています。
また、子宝の神様が祀られているとのことで、聖地として地元の方々に信仰されているパワースポットでもあるようです。
(もちろん、観光で訪れる際は敬意を忘れずに観光上のマナーを守って楽しみましょう。)

岩の間から見える海の景色も最高で、こちらもインスタ映えとしても写真を撮られる方が多いのだとか。

正直な話、ここに関しては写真で楽しむより直に肌で感じていただきたい!!

目で楽しむだけでなく、反響して聴こえる波の音や洞窟内の砂の感覚、洞窟特有の空気など五感で感じとっていただきたいです。

伊江島シンボル「城山(タッチュー)」登ってみた!

(フリー素材:写真AC)

小さな山とはいえ、日焼け止めや帽子、水分補給などを忘れないようにしましょう。
虫などはあまりいないですが、不安であれば虫よけスプレーもあるといいです。

チャレンジ!オタクによる山登り。

それでは、登っていきたいと思います。

ここの山頂に登ったということは、この伊江島の頂点に立ったと同じこと!行くしかねぇー!!
登山にひよってるやついるー?いねぇーよな!!山登るぞ!!!
(流行りまくっているので、最近「東京卍リベンジャーズ」を読破しました。割とパーちんがお気に入りです。何故かグッズが出ません。ぴえん。)

※オタク、登るのに必死過ぎて道中の写真忘れる※

以後、登山中の発言。

「階段の段差エグッ!腿上げトレーニングかよっ!」
「道幅狭いって、下山の人来たらつむんだが???一緒に帰ろうかな。(※道が一通になっています。)」
「今どこらへん??半分行ったか??目分量じゃわかんねぇ。」
「水っ!!!」
「山って風強いんだな。帽子にゴム紐つける大切さを学んだ。ありがとうマウンテン。」
「こんなに息が苦しいのは、高山病ってことー?(ちいかわ)」
※高山病は、標高2500mくらいから発症する可能性がある症候群のようなもの。伊江島の標高は172 m。通常、高山病にはならない。

あっという間に最高の景色「城山(タッチュー)」の景色!!

上を目指して約20分ほど、
頂上に登ることができました。ビクトリー!!!

途中何度かペースが落ち、立ち止まってしまいましたが、よゆーでした。
やはり、日々の筋トレって大事ですね。みんなも筋トレしよう!!

「城山(タッチュー)」からの景色は、伊江島全体を360度見渡せるという、パノラマのような景色!!
美しい伊江島の景色と、あたたかな風が出迎えてくれます。

写真のように晴れている日は、まさに絶景撮影日和!!
写真の奥に見えている島はおそらく沖縄本島でしょうか?

これは小ネタなのですが、少年ジャンプで連載している「僕のヒーローアカデミア」の映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVE ヒーローズ:ライジング』で、伊江島の風景に似ている場所があるそうです。映画自体も所々沖縄要素が強いので、探してみると面白いかもです。

帰る際のお土産に!

日帰りとはいえ、「お土産品ってどんなものがあるんだろう?」と気になりますよね。
伊江島のお土産は、「城山(タッチュー)」の登山口にある『城山売店』や、フェリーのある伊江港ターミナル『伊江島物産センター』などで購入することができます。

個包装のものより、一つの袋に入っているといったものが多いので会社に持っていくようなお菓子としては向いていませんが、家族や友人間など親しい仲の方々と一緒に楽しむ分には満足できると思います。

今回は、伊江島の湧き水を使った炭酸飲料『イエソーダXXX』から、
ドラゴンフルーツを使用したピンクドラゴンと
テッポウユリをイメージしたホワイトソーダを購入しました!
ピンクドラゴンは、よく見るとデザインが城山(タッチュー)の絵の部分に竜の顔が付いています。めちゃ可愛い。
味も爽やかで、ピンクドラゴンはドラゴンフルーツの甘みがクセになる一品です。

また、伊江島は黒糖や落花生を使ったお菓子が豊富なので、ちょっとした子供たちのおやつや、甘めのおつまみとしても活躍します。
一度開けて食べきれないというときは、タッパーなどにいれて保存しておくと良いです。
これはピーナッツ大好きなアーニャもにっこり。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

沖縄本島の観光だけじゃなく、たまには日帰りで行ける離島への観光してみてはいかがでしょうか。
海の色も島全体の雰囲気も、本島とは違った良さを感じることができます。
また、もちろん県外の方だけでなく、県内の方にもおススメです!

日帰りで行けちゃうのでペットを飼っている人のありがちな悩みである「ペットが心配で遠出できない!」というお悩みも解決です♪

最近、観光にも力が入れているおススメの離島なので、是非遊びに行ってみてください!
またやーたい!

関連記事もぜひチェックしてください!

▼他にもあるよ!沖縄の観光スポット

こんなに楽しめて無料!一日中遊べる海洋博公園を散歩する!【沖縄県本部町】

沖縄北部の美しい海を満喫!名護市の子連れ旅行におすすめ【ブセナ海中公園】に行ってみた!

▼沖縄の魅力を発信!沖縄を盛り上げ隊「おきなわ部」
沖縄の絶景やグルメ、観光情報やおすすめスポットなどを発信しています!!おきなわ部をフォローゆたくしうにげーさびら(よろしくお願いします)!

ホシロ

おきなわ部のスタッフ ブログ記事をまとめる鳥 鞄の中にペンライトが常に入っているオタク

関連記事

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

バーチャルタレント活動実績

おきなわ部部長、根間ういが
大好きな沖縄のために活動してきたこと

活動実績

おきなわ部部員が、沖縄のために活動してきたこと

お問い合わせ

ご意見・ご要望、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら パートナー様向けページはこちら
お問い合わせ
Translate »